1b型赤道儀
1b型赤道儀はまさに元祖ドイツ式赤道儀で旧型の1型、1a型赤道儀の
改良型として1960年に発表されている伝統ある赤道儀台座です。
本機はさらに赤緯クランプが改良された新型1b型です。特徴は非常に
コンパクトでありながら重量のあるメニスカス180(15kg)を搭載・使用
することができ天空のどの方向に向けても死角がほとんどないという
素晴らしい設計がなされています。駆動は旧式のシンクロナスモーター
ですが自宅で使用する分には何ら不自由は感じません。

 
画像をクリックすると拡大されます。


T型赤道儀

T型赤道儀は同社のC63/840専用の赤道儀台座で非常に軽量な
小型赤道儀です。赤経、赤緯ともスプリング式部分微動です。
本機のほかには赤経にシンクロナスモーターを装備したTM型
赤道儀があります。


画像をクリックすると拡大されます。