RGB画像のページ

屈折望遠鏡の色ごとの球面収差を見るためステライメージのRGB画像をつくって
みました。一般的に色ごとの球面収差の多いセミアポや一見完璧な球面収差と
思われるフローライトアポでも色ごとの球面収差量の違いが明瞭にわかります。

ツアイスC63/840アクロマート 白色光
ツアイスC63/840アクロマート R画像 
ツアイスC63/840アクロマート G画像
ツアイスC63/840アクロマート B画像  青色光の焦点位置がかなり離れています。
ツアイスC80/500 アクロマート(球面収差補正重視タイプ) 白色光
ツアイスC80/500 アクロマート(球面収差補正重視タイプ)  R画像
ツアイスC80/500 アクロマート(球面収差補正重視タイプ) G画像 
ツアイスC80/500 アクロマート(球面収差補正重視タイプ) B画像
ツアイスC80/500 アクロマート(色収差補正重視タイプ) 白色光
ツアイスC80/500 アクロマート(色収差補正重視タイプ)  R画像
ツアイスC80/500 アクロマート(色収差補正重視タイプ) G画像 
ツアイスC80/500 アクロマート(色収差補正重視タイプ) B画像
ツアイスAS100/1000 セミアポクロマート  白色光
ツアイスAS100/1000 R画像  良好な球面収差補正がなされています。
ツアイスAS100/1000  G画像 やや過修正ぎみの球面収差があります。
ツアイスAS100/1000  B画像 球面収差はかなり過修正になっています。
ツアイスAPQ100/640 フローライトアポクロマート 白色光
ツアイスAPQ100/640  R画像 球面収差はやや負修正になっています
ツアイスAPQ100/640  G画像 ほぼ完璧な球面収差補正がなされています。
ツアイスAPQ100/640  B画像 球面収差はわずかに過修正になっています。