西独ツアイスのアイピース(幻のアストロプラン)

旧東ドイツのツアイスでは永年学校教育用やアマチュア用に天文機器を製造していましたが、
旧西ドイツのツアイスでは、採算の取れないアマチュア用の天文機器の製造はしておらず主に
プロ用の大望遠鏡などが中心でした。その機材は私たちアマチュアにとっては憧れの夢の機材
です。その中でも以前安部賢一様が月刊天文のテストレポートで紹介されたアストロプランという
アイピースがあり、価格も1本20数万円もするとのことで、まさに夢のアイピースでした。また、
吉田正太郎先生の著書「望遠鏡光学」でも3群5枚構成のアストロプランが紹介されていました。
そんな折、このアイピースを調べているうちに「昔欲しかった天体望遠鏡」というサイトの中で、
このアイピースを所有されている方が国内にいるという情報を得ました。このサイトの管理人の
ガラクマ様にお願いして、アイピースの所有者である15cm反経様に連絡をとっていただき、お話
を伺うとともに、たいへん貴重なアストロプランの画像を頂戴いたしました。
また、このアイピースに詳しい安部賢一様に情報をご提供いただき、手元にある資料をもとに
概要を下記のとおりまとめてみました。


1970年頃15cmクーデ式屈折望遠鏡、125cmカセグレン反射望遠鏡などの眼視用アイピース
として、下記の
3種類、12本のアイピースがオプションとして用意されていたようです。ツアイスプロ用天文
機器部門も2004年7月に
閉鎖のようですので、現在では、入手は困難のようです


平成20年9月21日追記
約1年前にP-40mmの中古品をドイツAPM社Makus Ludes氏より購入したときに、資料(カタログコピー)
をいただきましたので内容を一部修正しました。※P-40mmは米原氏が所有・使用しています。

  
アストロプランアイピース(15cm反経さん所有、画像提供)

■Planokular(プランオクラー・3群5枚構成)英語ではflat-field eyepiece
*俗にアストロプランといわれているもの 


西独ツアイスカタログより
名称   視野の広さ 取付サイズ
P4mm 42° M35×0.5
P6.3mm 42° M35×0.5
P10mm 43° M35×0.5
P16mm 45° M35×0.5
P25mm 43° M35×0.5
P40mm 45° M44×0.75
 
■Sucherokular(ズヒャーオクラー・ハイアイ2群3枚構成・十字線内臓)
ケルナー型でガイドスコープ用のようです。


 
西独ツアイスカタログより
名 称 視野の広さ 取付サイズ
K63mm  50° M70×0.75
 
Huygens-Okular(ハイゲンスオクラー・2群2枚)

 
西独ツアイスカタログより
名 称 視野の広さ 取付サイズ
H-25mm 50° M44×0.75
H-40mm 50° M44×0.75
H-63mm 55.4° M70×0.75
H-100mm 60° M142×1.5
H-160mm 66° M200×1.5