2009-2010年の火星

今シーズンは、2010年1月31日の衝に視直径は14.1"と小さく、しかもシーイング
の悪い時期ですが、極力条件の良い日を狙って撮影しています。
火星の北半球を見るのに都合が良く、北極冠の様子が良く観察できます。


火星の中央やや下、左端エリシウム付近に雲の
発生が見られます。

アリンの爪が何とかわかります。
大シルチスが中央にやってきました。
エリシウムには雲がかかっています。
最接近2日後の火星です。エリシウムが明るいです。
ひさしぶりの晴天でした。比較的シーイングが良く、アキダリアの海、オーロラ湾などが良く
見えました。北極冠がだいぶ小さくなり、形状も歪になってきました。
星本体右側に朝霧
の発生が見られます。
シーイングが良くアリンの爪が写りました!