MENISCAS150  (小山氏所有)

本機は1960年代後期から1980年代前期頃に販売されていたマクストフカセグレン望遠鏡です。
同社のマクストフとしては、はじめてのものでMENISCAS180の前モデルにあたります。それ以前
には同スペック(15cmF15)のクラシカルカセグレンがありました。主鏡のF6で副鏡による引き
伸ばし倍率は2.5Xと無理のない設計ですが、鏡筒の長さは約1mと大きく、副鏡遮蔽も直径比で
40%程度あります。機械的構造は鏡筒内のバッフルや先端が絞られたフードの完備、主鏡バッフ
ル内の完璧な艶消し塗装など、迷光処理は完璧です。焦点調節機構は副鏡移動式ですが、ミラー
シフトがないのはさすがです。MENISCAS180のシンプルな鏡筒構造(焦点調節機構は緻密です
が。)とは対照的で非常に重厚でメカニックな印象を受けます。これほどのものが、今から40
以上も前に作られていたとは驚きで、さすがはツアイスです。

1b型赤道儀に同架したMENISCAS150 先端が絞られたフードとマクストフレンズの裏面に
メッキされた副鏡
副鏡による遮蔽は約40%と大きめです。主鏡バッフ
ル内の遮光処理は完璧です。

主鏡セル部分の光軸調整機構と焦点調節ノブ。
接眼部はAS100/1000と同規格のワンタッチ交換
マウントを採用しています。