光学系テスト

ここではツアイス望遠鏡のテストの結果を紹介しています。


1.星像テスト
  実際の夜空に輝く明るい恒星を使ったテストです。検査器具に特別なものは必要ありませんが、
シーイングや透明度など空の条件に大きく左右されます。


ツアイスAS100/1000はセミアポです。典型的な残存色収差が
見られます。内像では干渉リングの外側に広がる暗紫(g線)
が広がっているのがわかります。外像では青色(F線)が中央
に集っています。干渉リングは内・外ともに見えており対称性
は良好で球面収差が良く補正されていることがわかります。
ツアイスC63/840はフランフォーファー型アクロマートです。この
レンズは2枚玉貼り合わせ式です。内外像はASレンズと良く似て
います。小型のためシーイングの影響を受けにくいこともあって
今ある3台のツアイス望遠鏡の内最もシャープな星像を結ぶの
がこの望遠鏡だったりします。
メニスカス180(マクストフ・カセ)の恒星像テストです。反射系
は色収差がほとんどないため球面収差の状況を調べます。
内像では中央遮蔽の影の外側のリングが明るく、外周のリング
がやや拡散しており、外像では外周のリングがくっきり明るく
なっています。全体的にやや過修正傾向にあるようですが
内・外像のリングの大きさもほぼ等しく球面収差はλ/4以内
には収まっているようです。
この日はシーイングが良くきれいな干渉リングが見られました。
内・外像とも変形がなくきれいな円形をしており中間の細い
干渉環も良く見えます。研磨面が滑らかで圧迫などなく良好
な調整がなされていることがわかります。